姉がレーシックをした話を聞いて・・・

メガネが無いと生活に支障が出るくらい視力が悪く困っています。高校生の時くらいから徐々に視力が悪くなり始め、メガネが無いと生活に使用が出るくらいになってしまいました。駅などで切符を買う時などメガネが無いと料金表が確認できず、目的地までいくらなのか分からないくらいの目の悪さです。なのでずっとメガネをかけていました。

テレビを観る時にもメガネが無いと出演者の顔や書かれている文字が判別できませんし、映画の洋画を観る時には字幕が確認できません。パソコンを使う時ももちろんメガネが必須です。メガネが無いと何もできないというのは案外不便です。普段は忘れないようにすれば良いのですが、温泉なんかだとメガネをかけると曇って前が見えません。かけなければぼやけて見えません。温泉に限らず普段のお風呂もそうなのですが、これが地味に困っています。

なので視力を良くする為のスマホアプリなどを使ってみたこともありますし、そういった視力を回復する本を使ってトレーニングをしたこともあります。ですが今のところまったく効果はありません。レーシックを考えたこともありますが、以前は手術や術後のトラブルをネットなどで見るので怖くてできないでいました。ですが今後これ以上視力が悪くなるようならレーシックもやってみて方が良いかも知れないと考えていたところ、姉が梅田の品川近視クリニックでレーシック手術をしたのです。

その話を聞き、身近にレーシック手術を安全に終えたということだったので、思い切ってレーシック手術を受けることに決めたんです。

今はとても前向きに捉えていますよ。

受験シーズンになると思い出す受験で宿泊したホテル

受験シーズンになると思い出すのが、東大を受験したことです。これでも、一応は合格圏内にいたことは事実で、県内の学校ではいちばんの高校から、東大受験を目指しました。私の高校から、東大に入るのは2,3年に一度くらいの割合で、しかも合格者は、多くても2,3人という感じでした。
私は、いわゆるガリ勉タイプではなく、高校3年の春までしっかりと部活もやっていました。ちなみに、部活はテニスで、私の代では県大会準決勝まで行きました。そんなわけで、本格的に大学受験の勉強を始めたのは、高校3年に5月くらいからです。学年ではベスト5に入るくらいの実力はありましたけど、学校のレベルがそれほど高くないので、東大受験するというと結構冗談だろうっていう反応が多い感じでした。けど、そこから、私は東大合格までの受験勉強の戦略を立てました。伸び悩んでいたのは、英語と数学でした。で、数学は、もう一度1年生レベルの基礎から徹底して、勉強したおかげで、夏の終わりくらいには、いきなり模試でも90点以上の高得点を取れるようになったんです。あと、英語はとにかく英単語を覚えることに全力でチカラを注ぎ、それまで70点くらいの成績が、いきなり95点以上が取れるようになり、以後、ずっと9割を確保できるようになったんです。
そんなわけで、3年の秋には、それまでのD判定だったのが、B判定くらいまで上がり、自分の中でどうにかなるだろうという思いがありました。私は、青森からだったので、東京にはもちろんあまり詳しくありません。なので、東大受験 宿泊したホテルは、出来る限り東大から近い場所を選びました。東京は雪とか降るとすぐに交通機関が麻痺するので、そういうことに神経を使いたくありませんでしたから、極力東大に近いホテルに宿泊したんです。結果はおかげさまで無事東大に合格ができたんですよ☆
今でもたまに東京に行くときには、その時のホテルを利用したりすることがあります。

憧れのショートスリーパー?

短時間睡眠で、済ませることがデキるなら、1日がもっと楽しめると思うのです。いろいろとできる時間が増えるわけですから。

で、世の中には、睡眠時間が3,4時間とかでも平気といういわゆるショートスリーパーの方がいるんですよね。書籍とかでも、そういった短時間睡眠を推奨するような本が結構出ていますよね。

私は、さいていでも 6時間は眠らないとっていう方なんですが、ショートスリーパーにあこがれていました。やっぱり、短い睡眠時間で平気なら、たとえば、6時間睡眠なら、3時間は増えるわけです。その3時間を好きなことに使えるわけですから、わくわくしてきますよ。

そこで、なんどかトライしてみました。睡眠時間3時間に!

で、結果として、どうなったか???

だめでした。もう3時間で起きたのはいいですけど、お昼からは俄然眠くなるんです。もうぼーっとして。。。なんとかまぶたが落ちてこないように耐えるしかないというか(^_^;)

一度や二度の挑戦ではなかったのですが、もう今はやっていません。しっかりと6時間はネています。要するにショートスリーパーは体質なので、マネ仕様がありません。

 

そうそう作家の京極夏彦さんって、1日ほとんど寝なくて済むそうですね。こういう人が本当のショートスリーパーだと思います。

予想だにしなかった突然の薄毛

昔から、髪の毛は固く濃い方でした。家系的にもハゲはおらず、まさか自分がハゲることになるなんて微塵も思っていませんでした。そんな私が若ハゲという驚異と遭遇したのは、二十歳を過ぎてすぐの頃でした。いつものように髪の毛をセットしていたところ、明らかに前髪が薄くなっているのに気付きました。愕然とし、同時に茫然としました。どうして自分が? とショックも受けました。実際に自分がなってみると、それは非常に精神的につらい現象でした。慌てて育毛剤を買い、試してみたものの、少しも改善される様子はありません。まだ彼女もおらず、追い詰められた自分は、自毛植毛という選択肢さえ本気で考え始めました。必死になればなるほど若ハゲは進行し、ついには後輩から『前髪ヤバい』とまで言われるようになってしまいました。この悩みは決して解決したわけではありませんが、就職してすぐのころは、とても忙しく、髪のことなど気にしていられなくなったのです。。。それはそれでいいのかもしれませんでしたが、ある程度、仕事にもなれてくると、やっぱり、髪のことを考えてしまってました。で、もうくよくよ悩むよりは、思い切って、増毛体験してみようと思ったんです。ネットで紹介されていたので、行ってみました。

>>>アデランス 体験※増毛体験が無料でお試しできました!

30を過ぎ、年相応のハゲ具合になったけど、やっぱり髪があった方が前向きになれそうです。

立ち食いそばにハマる

行列ができるような人気のグルメ店に行くのもいいけど最近は、駅のホームにあるような立ち食いそばにハマっています。確かに時間がないサラリーマンの人やOLさんが圧倒的に多いですけど、実は密かに、いや別にお店の人にとっては、密かでもなんでもないんだろうけど、結構味がいいのです。なんだろうね。

侮れないというか、実は美味いのです。

そして、そばとセットでいなり寿司とかも美味しいです。

さっと入ってさっと食べられるから、そう思うのかもしれないけど、駅の立ち食いそばは大好きです。

なので、わざわざ途中の駅で降りてまで、立ち食いそばを食べることもあります。

 

ケイトスペードに一目惚れでした☆

あまりブランドバックやロゴに興味はなかったのですが、ケイトスペードのキャメロンストリート リトル ベイブのバッグを見たとき、一目ぼれしました。私が気に入ったのは、ケイトスペードのキャメロンストリート リトル ベイブのバッグです。

とにかく見た目が可愛いのです。ネット通販で見て、即購入しちゃいました。

今までケイトスペードは持っていなかったけど、これはステキです。
で、ケイトスペードのバッグを使ってみた印象は、すごくグッドです。

ケイトスペードのキャメロンストリート リトル ベイブは、コンパクトだけど、ディテールが凝っているので、すごく上品で洗練されている雰囲気に一目惚れでした。全体的に丸みを帯びた台形型がとにかく可愛いのです。
長さを調節できるショルダーストラップなので、
2WAYで使用もできるんです。斜め掛けしやすいし、見た目以上にすごく実用的だったりします。そのギャップがうれしかったりします。

汚れや傷がつきにくい丈夫な素材で、型崩れがしにくいのもうれしいバッグです。しかもケイトスペードのバッグは、クラシックなテイストなので、スニーカーを履くカジュアルな休日からシックな装いのセレモニーまでいろんな場面で重宝しています。

ディズニーランドで出会えた仲間たち

わたしが高校2年生のときの冬、1年生のころに仲が良かった7人グループでディズニーランドへ行くことになりました。ちょうどディズニーランドのツアーが格安だったのでツアーで行ってきました。

せっかく仲良し7人そろっていくので、記念に服装はお揃いコーデをすることになりました。それも、定番のかつて誰かがやったことがあるようなものは避けようと考えて、徹底的にディズニーランドのミッキーマウスに似せた格好をすると言うことに決まりました。ズボンには赤と黒のチェック柄、上には学校で着ている黒セーターの中にワイシャツを着ています。上着は黒で統一しました。そして、みんなでお揃いの黄色い蝶ネクタイを買ったつけたり、髪の毛にはカチューシャを付けずに自分たちの髪の毛でお団子を二つ作ってミッキーマウスみたいにしました。こういう格好で複数人が歩いていると本当にたくさんの人からの目線を感じました。ディズニーランドのツアーで一緒になった人とかにも話題にされました。

そんな感じの仲、なんとミニーマウスに似せた格好をしている二人組の女の子たちから一緒に写真を撮らないかと誘われました。そのときわたしたちは、こういった交流って楽しいということを学びました。そのあともプーさんに似せている格好をした男の子三人組とも一緒に写真を撮りました。なんだか、自分たちがテーマパークのような気分で別の意味で新しい楽しみ方を知れたような気がします。

不安はあったけれど包茎手術をしてよかった

私は酷い包茎で勃起をしても、完全に亀頭が隠れたままでした。
無理矢理、手でむいてむけないこともありませんでしたが亀頭が露出したままにはならないので、意味がありません。
せいぜい、皮の中を綺麗に洗うことができるという程度の意味しかなく、見た目のことでコンプレックスを抱いているだけに手で無理矢理むくことが出来てなんになるんだろうかと思っていました。

長い間、包茎のことで悩んでいたのですが包茎手術をするとなるとやはり不安があり、受ける気にはなれませんでした。
そこで、包茎を治すことができるというグッズ等を使ってみたもののどれも効果が無く、悩みは解消されることがありませんでした。
そのように悩んでいるうちに何時までもこのように悩んでいるのも疲れてきて、思い切って包茎手術を受けてみることにしたのです。
たまたま、地元の福岡で包茎手術で評判のよいクリニックをネットで見つけたので、予約してカウセリングの相談に行ってみるととても相談をしやすい雰囲気で包茎の悩みを相談するのは恥ずかしいと思っていたのに、いつの間にかそのような気持ちはなくなっていました。
そして、手術の日程が決まり実際に手術を受けることになったのですが、さすがに当日は不安で一杯でした。
それでも、手術は無事に終わって後は経過を見るというだけだったのですが、最初は痛みがあったものの亀頭が露出しているのを見てついに悩みが解消されたのだという気分になりました。
その後は痛みもなくなり、完全に包茎が治ったため不安があったものの包茎手術をして良かったと思いました。

本を読むようにし始めた

最近、本を読むようにしています。まぁ、部屋でじっくりと腰を据えてよむのは、どうにも苦手なので、移動中だけですけどね。基本的には電車やバス、新幹線など移動しているときは、読書に当てています。で、いわゆる隙間時間だけでの読書でも、月に3冊から6冊くらいは読めます。まあ、こういう何冊よむのかってことはあまり、重要視していませんが。。。

でも、チリツモですよね。

読書ってやっぱり、ためになると思います。小説でも自分がその世界の中を体験できるわけですし、専門的な本とかもすごく自分の知らない世界のことを知る切っ掛けになります。あと、たまにビジネス本も読みます。

 

とはいえ、読書の一番のネックは、本が荷物になるっていうことと本の良さは読み終えないとわからないというところだと思います。これがたとえば、音楽とかなら、ちょっと聞いて好き嫌いといい悪いを判断できますけど、本は、最初から最後まで読了しないとなにが書かれているのかとかがわかりませんし、自分にとっていいのかわるいのかもわからない。非常に時間がかかります。

そして、多くの場合は読書は一度でって言う人がほとんどです。つまり、一度きりの消耗品ということです。

ただし、私は気に入った本は、何度でも読んで自分のものにするようにしています。もうソラで内容が人に説明できるくらいにまで読み込みます。